Beauty * Cokking * Bath * etc たるみ研究所員

たるみ研究所員紹介

たるみ研究所員プロフィール

カテゴリ一覧

最新記事

アーカイブ

関連リンク

2017年12月14日(木):最終回!“オールインワン”ゲルについて

こんにちは。顔のたるみ研究員のイオチです。

12月12日(ヒフヒフの日)が
オールインワンゲルの誕生日ということで
前々回前回でオールインワンゲルの歴史についてお伝えしました。

そこで今回はその最後のお話として
なぜ“オールインワン”なのか、に触れたいと思います。

そもそもスキンケアにとってのオールインワンとは
洗顔後、そのひとつで「化粧水・美容液・乳液・クリーム・化粧下地」などの
スキンケアが全て済んでしまう、万能で画期的なアイテム。

これひとつ

普段、皆さまはどのようなスキンケアをされていますか?
洗顔後は化粧水→美容液→乳液の
ステップを踏まれている方もいらっしゃるのでは?

実は、医師によると・・・
それは「皮膚医学的にみても必要ない」のです!

オールインワンゲルを開発した城野医師は
まず、クリニックの患者さまへスキンケアのアンケートを実施しました。
その回答としては「自分の肌質がわからない」「何を使えばいいのか分からない」など
様ざまなものがありましたが、なによりも一番多かったのは
「キレイになりたいけど面倒ください」というご意見だったそう。

そこで男性である城野医師は
「皮膚医学的にみても、化粧水、美容液、乳液と分ける必要がないのに、なぜ女性のスキンケアは色々と重ねるのか」
という疑問を抱きました。
そう、この疑問が“オールインワン”ゲルを開発するに至った理由なのです。

そして肌が本当に必要としているものだけを厳選配合するという前提のもと
“ゲル”の肌への優れた効果や、スキンケア素材としての優位性に着目したことが加わり
世に「オールインワンゲル」が生み出されたのです。

発売当時は「本当にこれひとつスキンケアが済むの?」と半信半疑の方が多い時代でした。
しかし、それから約20年たった今は
多くの化粧品会社でオールインワンゲルが多く開発・販売され
皆さまも、一度はオールインワンゲルを使われたことがあるのではないでしょうか?

今回、「12月12日(ヒフヒフの日)が、初めてオールインワンゲル商品化された日」ということで
3回にわたりオールインワンゲルについてお話をいたしました。
健やかで美しい素肌作りのために
是非、オールインワンゲルにご注目ください♪

たるみ研究所員ブログ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

COPYRIGHT 1997-2018 顔のたるみ研究所 DR.CI:LABO CO.LTD.ALL RIGHTS RESERVED.