顔のたるみ解消に効果的な成分辞典

たるみ解消に効果的な成分が入っているかどうか、化粧品を選ぶ時の参考にしてみてください。

林田元治さん

話をきいたのは・・・

株式会社ドクターシーラボ 

商品開発部部長
兼 顔のたるみ研究所研究員
林田元治さん

  成分名 化粧品の表示名称
※医薬部外品の場合には表示名称が異なります。
※異なる表示名称のある場合があります。
はたらき
コラーゲン生成を促進 コエンザイムQ10 ユビキノン 真皮層の7割を占めるコラーゲンを保護、また生成促進する成分。特に真皮に多く存在するⅠ型及びⅢ型コラーゲンをケアすることで、肌に弾力と柔軟性を与えます。

ビタミンC誘導体 テトラヘキシルデカン酸アスコルビル など
エラスチン生成を促進 エルゴチオネイン エルゴチオネイン 真皮層のエラスチン(弾力をつかさどる線維)を保護、また生成促進する成分。エラスチンはコラーゲンのように強靭な線維ではありませんが、弾力に富み、コラーゲン線維の間にほぼ均一に散在しています。
ピクノジェノール フランスカイガンショウ樹皮エキス

ヒアルロン酸生成を促進 ヒアルフィクス ナンキョウソウ葉エキス 真皮層のヒアルロン酸を保護、また生成促進する成分。コラーゲン線維やエラスチン線維などの間に存在し、それらを安定化、保持し、弾力性をサポートします。
CyPA 環状リゾフォスファチジン酸
基底膜を保護 クロノライン カプロオイルテトラペプチド-3 表皮と真皮の間に位置する基底膜を保護する成分。基底膜がダメージを受けると、真皮層の構成成分(コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸など)が紫外線などの外的刺激を受けやすくなります。
コラキシル ヘキサペプチド-9
リンパの働きを改善 ダーマクロレラ クロレラエキス リンパの働きを改善する成分。
リンパの働きが衰えると、むくみを生じます。

ビタミンB3 ナイアシンアミド
毛細血管の働きを改善 ビタミンE 酢酸トコフェロールなど 毛細血管の働きを改善する成分。皮膚を構成する細胞に十分な栄養を与え、外的ダメージから保護します。血流が滞ると代謝が落ち、たるみの原因となります。
ヘスペリジン グルコシルヘスペリジン
糖化(※)を予防、改善 α-リポ酸 チオクト酸 糖化を予防、改善する成分。コラーゲンやエラスチンは、糖化によって弾力を失います。
カルシニン デカルボキシカルノシンHCl
脂肪細胞を生成予防、分解促進 アスタキサンチン アスタキサンチン 脂肪細胞を生成予防、分解促進する成分。皮下組織内の脂肪細胞は増えすぎても、少なすぎても、表皮や真皮を支えるバランスが崩れます。
レスベラトロール ブドウつるエキス

活性酸素を消去 フラーレン フラーレン 活性酸素を消去する成分。表皮細胞、基底膜、真皮層構成成分へのダメージを低減します。
プラチナコロイド 白金

※糖化とは
砂糖を煮詰めてカラメル化したり、焦げるような状態を「メイラード反応(糖化)」といい、糖分がたんぱく質に反応してできる現象です。
この糖化が人の体の中でも起こっています。たんぱく質(コラーゲン、エラスチン)が血液中の糖と結びつくと、本来の働きが出来なくなり、弾力を失い、シワやたるみの原因をなります。

COPYRIGHT 1997-2018 顔のたるみ研究所 DR.CI:LABO CO.LTD.ALL RIGHTS RESERVED.