顔のたるみ特集

紫外線&大気汚染物質で、顔のたるみがますます加速!? 7割以上はまだ知らない“大気汚染物質の恐ろしさ”

近年問題視されている、工場の煙や自動車の排気ガスなどによる「大気汚染」。
健康面でも様々な不安がささやかれていますが、それだけでなくシミやシワ、顔のたるみなどの肌老化にも深く関わっている事が明らかになってきました。

そんな中、今年の日焼け止めのトレンドは、高い紫外線防止効果がありながら、肌悩みをケアし、PM2.5などの大気汚染物質までもケアできる”高機能な日焼け止め”が勢揃い。
紫外線ケアをしながら大気汚染物質までブロックできる優れ物、みなさまもこれからの季節に携えてみませんか?

今回、ドクターシーラボ「顔のたるみ研究所」は、紫外線・大気汚染と顔のたるみケアについて、アンケート調査を行いましたので結果をご報告いたします。
(調査概要:WEBアンケート調査/女性301名/調査期間:2016年5月17日(火)~18日(水))

もうまもなく6月。梅雨の時期に突入し曇りの日が多くなるものの、忘れてはいけないのが「紫外線」の存在です。紫外線は晴れている時だけでなく、曇りの日でも降り注いでいますが、みなさまは普段からどの程度、紫外線対策をされているのでしょうか?

そこでまず、20代以上の女性301名に「紫外線対策をどの位行っていますか?」と聞いてみると3割以上の方が「一年を通して行っている(33.9%)」と答えたのに対し、「春夏のシーズンだけ行っている(22.9%)」「日差しが気になる時だけ(14.0%)」「外出するときだけ(11.3%)」「適当に行っている(9.0%)」と回答した方が約6割にもなり、“一時的”にしか紫外線対策を行っていない方が半数以上もいるという事がわかりました。

そこで、今度は「紫外線対策を怠って後悔したことはありますか?」と伺ってみると、なんと2人に1人以上の方が「後悔したことある(67.4%)」と回答しました。
さらに詳しくみてみると、先ほどの問いで「春夏のシーズンだけ行っている(22.9%)」「日差しが気になる時だけ行っている(14.0%)」と答えた方の8割近くが、日焼け止めを塗らず後悔した経験があると回答していることから、一時的な紫外線対策では充分に紫外線を防ぐことは難しいと考えられます。

さて、冒頭でも述べた通り、人体への影響を不安視されている「大気汚染」ですが、それだけでなく美容の面でも悪影響を及ぼしている事が明らかになってきました。
そこで「大気汚染物質は健康面だけでなく、顔のたるみにも悪影響をもたらすという事は知っていましたか?」と聞いてみると、「知らない(75.7%)」と答えました。

続いて、「何か大気汚染対策していますか?」と聞いてみると、ケアをしているのはたったの2割程度しかおらず、「対策をしていない(79.4%)」と答えた方へその理由を伺ったところ、「何をすればいいのかわからない(54.8%)」「実際よくわからないから(44.4%)」「面倒だから(15.1%)」という結果になりました。
大気汚染といっても空気がかすんだりしない限り、私たちの目には見えないものなので、具体的な対策をとるのも難しいようです。

一方「対策をしている(20.6%)」と答えた方に、具体的な対策を伺うと「マスクの着用(59.7%)」が半数以上を占め、続いて「日焼け止めを使用(43.5%)」「(PM2.5の)飛来量が多い日は外出を控える(38.7%)」「スキンケアで肌の調子を整える(29.0%)」となりました。

大気汚染物質が肌に直接触れないよう、マスクや日焼け止めでブロックし、さらに外出を控えたり、日々のスキンケアで肌の抵抗力を高めたりと、注意を払って生活をしていることがわかりました。

紫外線、そして大気汚染物質が肌へもたらす影響はどういったものなのでしょうか?
紫外線が肌老化に繋がる事は知れ渡りつつある今ですが、自身を取り巻く空気中に顔のたるみの原因が潜んでいる事は、まだまだ周知されていないのが現状です。

シミやシワ、顔のたるみなどの肌老化の原因の8割近くは、紫外線により「光老化」が原因という研究結果が知れ渡り、「紫外線を防ぐ」ことは今や美容の常識となってきました。

しかしながら、アンケート結果からもわかるように紫外線は一年中降り注いでいるにも関わらず、一年を通してしっかり紫外線対策しているのは3割程度。様々な理由があるとは思うものの、紫外線対策なしではたるみのない美肌を保つ事はなかなか厳しいものです。ここでは簡単に、紫外線が肌へ与える影響を振り返ってみましょう。

紫外線は、地球に到達する太陽光線の一種です。紫外線は波長により、紫外線A波(UV-A)、紫外線B波(UV-B)、紫外線C波(UV-C)に分かれ、地上に降り注ぎますが紫外線C波(UV-C)と紫外線B波(UV-B)の一部はオゾン層に吸収されます。

しかし、紫外線B波(UV-B)と紫外線A波(UV-A)は地表まで届いてしまい、紫外線B波(UV-B)は肌の表面(表皮)に到達し、肌の細胞を傷つけるため、浴びるとすぐに赤く炎症を引き起こし、主にシミやくすみの要因となります。
さらに、地表に届く紫外線のうち95%を占めると言われている波長の長い紫外線A波(UV-A)は、肌の真皮層まで到達し、肌のハリ・弾力に不可欠なコラーゲンやエラスチンを破壊し、顔のたるみを引き起こします。

どちらも肌の細胞や弾力線維などに深刻なダメージを与え、肌のバリア機能を弱めてしまいます。これにより、肌の水分は奪われやすくなり、乾燥やたるみ、毛穴の開きなど様々な肌トラブルを招きやすくなってしまいます。

かさつき
かさつき
水分不足で、肌表面がめくりあがり、隙間から水分がどんどん蒸発。粉を吹いたようにカサカサに。コラーゲンやエラスチン量も減少。バリア機能低下など不安定な状態。
たるみ
たるみ
紫外線により肌のハリ・弾力を維持するコラーゲンやエラスチンが変性し、加齢により生成量が減少。ハリやツヤが失われ一気に老けた印象に。
シミ
シミ
紫外線を浴びると、肌は防御反応として、メラニン色素を生成。肌表面には見えなくとも、予備軍が肌内部に潜んでいることも多く、徐々にシミとなって現れ、透明感を左右します。
毛穴の開き
毛穴の開き
紫外線により肌の弾力やハリが失われると毛穴も引っ張られるように開いていきます。肌表面の凸凹により光がうまく反射せず、くすみがち。メイクのりもいまいちに。

紫外線対策は一年を通して行い、うっかり日焼けをしてしまった際には、まずは肌をクールダウンさせ、入念に保湿ケアを行うようにしましょう

★「紫外線」について詳しくはこちら→紫外線が「たるみ」に!日焼止めは顔だけではなく○○も!

大気汚染とは私たちが生活で使用している自動車や工場の煙に含まれる汚染物質により空気が汚れることをいい、汚染物質とは、窒素酸化物 (NOx)や粒子状浮遊物質(SPM)、二酸化炭素(CO2)のことを指します。

2013年頃から、経済発展をとげている中国では広い地域で大気汚染が発生するようになり、日本でも環境基準を超える濃度のPM2.5が観測されるようになりました。

昨今報道されているPM2.5は、毛穴の約20分の1の大きさで、PMの大きさは汚染物質が皮膚に浸透する速度と影響度に直接関係するとされ、現状では世界人口の80%がPM2.5にさらされていると言われています。

鼻から吸い込まれた空気中の微小粒子は10μm以上であれば、気管支や肺に到達することはありませんが、PM2.5は10μm以下のため奥まで侵入しやすく、呼吸器系や循環器系への影響が心配されています。さらに、皮膚を老化させる原因になっていることが、2014年のアメリカ皮膚学会で報告され、美容業界でも注目を浴びるようになりました。

髪の毛・花粉よりも小さいPM2.5 髪の毛・花粉よりも小さいPM2.5

(引用:東京都ホームページより

大気汚染物質の中でも特にPM2.5は粒子が小さいため毛穴の奥まで入り込みやすく、肌内部のタンパク質やバリア機能にダメージを与え、「活性酸素」を発生させるため、顔のたるみに悪影響を及ぼします。

もともと活性酸素は、ウイルスや細菌などの侵入を防ぐための殺菌効果をもっていますが、活性酸素が多すぎると、体内の正常な細胞までも傷つけサビつかせ(酸化)、肌の弾力を保つコラーゲン・エラスチンが破壊され、シワやたるみを引き起こす大きな要因となります。そして活性酸素の増加の原因となるのが、ストレスや紫外線、喫煙、そしてPM2.5などの大気汚染などと言われています。

大気汚染物質イメージ

また、春先の寒暖差が大きい時期や、花粉やPM2.5などが多く飛散している時に強烈な紫外線が降り注ぐと大気汚染物質は互いに作用し、肌にさらに悪影響を及ぼす可能性があります。 これを防ぐためには今後は紫外線対策だけでなく、体内の細胞をサビつかせ、たるみの要因となるPM2.5などの大気汚染物質からも肌を守らなくてはなりません。


★「活性酸素」について詳しくはこちら→顔のたるみケアに必要なのは約9割がしていない「抗酸化ケア」だった!

スキンケア編

まず何よりも『寄せ付けない』高機能な日焼け止めでベースからしっかりガード

顔のたるみに繋がる原因物質は、何よりも直接肌に触れさせないことが重要です。
ポイントである大気汚染物質をブロックする成分が配合されている日焼け止めかどうか確認をし、選びましょう。日焼け止めが肌を守るヴェールとなり、紫外線ダメージを防ぎながら、PM2.5などの粒子の細かい大気汚染物質の付着も防ぎます。

外出先でも『こまめにケア』PM2.5の付着を防ぐ画期的なミストで徹底的にガード

大気汚染ブロック効果がある日焼け止めも、汗やこすれたりしてしまうと剥がれ落ちてしまい、充分な効果を期待できません。特に女性はメイクをしている為、塗り直しが中々厳しいのが現実です。
そこで大活躍するのが、大気汚染物質をブロックする成分が配合されている携帯できるミストタイプの化粧水。シュッとひと吹きするだけで肌表面に膜を張り、日中もうるおい補給しながら、PM2.5などの付着を防ぐことができます。

帰宅後は『きちんと落として、しっかり保湿』メイクしたまま寝るなんて絶対NG!

PM2.5などの外的刺激で弱った肌はバリア機能が低下し、肌トラブルを起こしやすくなっています。付着した原因物質を洗い流すために、帰宅後はなるべく早くメイクオフ&洗顔を行いましょう。肌がデリケートな時は決してこすったりせず、きめの細かいたっぷりの泡で、毛穴の奥の汚れまでやさしく洗い流すように心がけてくださいね。
そして、お風呂上がりのスキンケアには、肌のバリア機能を高める成分「セラミド」などが配合された化粧品がおすすめです。

ライフスタイル編

その他、身近にあるものやちょっとした心がけでも対策はできます。

花粉や大気汚染物質の付着しにくい衣服の着用

室内に入る前には衣服を軽く払い、少しでも原因物質を持ちこまない様に工夫しましょう。

抗酸化作用が高い食事を心がける

ビタミンやポリフェノールが豊富な“バナナ”や色の濃い野菜“かぼちゃ”“にんじん”“ピーマン”、高い栄養価を誇ることから森のバターとも呼ばれる“アボガド”等、抗酸化成分が多く含まれる食事を習慣的に摂ることで、身体の抵抗力を高め、活性酸素を抑える効果もあり、たるみケアにもおすすめです。

■心も体も下向きになっていませんか? ”ストレス”と”スマホたるみ”

■“与える”ケアばっかりで満足していませんか? “取り去る”ケアの新習慣で一歩先の顔のたるみケア

COPYRIGHT 1997-2017 顔のたるみ研究所 DR.CI:LABO CO.LTD.ALL RIGHTS RESERVED.