顔のたるみ特集

あなたのその毛穴、見られてるかも!?たるみ毛穴にビタミンCが効く!! ビタミンCの理想形“APPS”でふっくらツヤ肌に

4月に入り気温も暖かくなり過ごしやすくなった一方、毛穴の開きが気になり始める頃でもありますよね。

特に30代以上の女性に多くみられる「たるみ毛穴」は放っておくと、実は「顔のたるみ」にも繋がるため要注意です!

そこで、今回顔のたるみ研究所がおすすめしたいのが、浸透型ビタミンC“APPS”。優れた抗酸化作用を持ち幅広い美肌効果をもたらしてくれる「ビタミンC」の中でも、特に注目を集めている美容成分です。複合的な肌悩みに多角的にアプローチし、たるみのない理想的な美肌を叶えるその魅力をお伝え致します。
(調査概要:WEBアンケート調査/女性337名/調査期間:2017年4月4日(火)~5日(水))

乾燥・シミ・くすみだけでなく、顔のたるみ・ハリ不足・毛穴の目立ちなど、年齢を重ねるにつれ複雑化する大人の肌悩み。しかし、その肌悩みが深刻化する前の「老化のサイン」をあなたは見落としていませんか?
“初期老化のサイン”として代表的な「毛穴のたるみ」。自分の顔を鏡でみて毛穴の開き具合にゾッとした経験がある女性も多いはず…。
そこで女性337名に「毛穴のたるみ」が気になるか聞いてみたところ、6割以上の人が「気になる(63.8%)」と回答し、毛穴に対する意識が高い事が分かりました。

また、「他人の毛穴がふと気になった事はありますか?」と聞いてみると、なんと半数以上の人が「気になった事がある(60.0%)」と回答。なぜ毛穴が気になったのか理由を聞いてみると、「自分が(毛穴を)気にしているので、他人の毛穴も気になる」という回答が最も多く挙げられました。次に多く挙げられた理由としては「化粧崩れをして毛穴が目立っていた」「メイクをしても毛穴が隠し切れていない」「可愛い友人と話していたら毛穴がパックリ…。なんだかショックを受けました」という残念な声も…。毛穴が開いていると化粧崩れもしやすく、時間をかけて化粧をしても台無しになってしまいますよね…。

つまり、毛穴は他人からもよく見られている部分(パーツ)であり、印象を左右する要素である事が分かりました。

では、顔のたるみについてはどのような意識を持っているか聞いてみると、「気になる(71.9%)」と7割以上の人が回答しました。
また詳しく見てみると、前の問いで毛穴のたるみが気になると答えた人の内、9割の人が“顔のたるみも気になる”と回答していることから、「毛穴のたるみ」と「顔のたるみ」の関連性が高い事がうかがえます。

ところが「毛穴のたるみが顔のたるみに繋がる事は知っていましたか?」と聞いてみると、「知っている(27.9%)」と答えたのは3割以下という結果となり、“初期老化のサイン”と言われている毛穴のたるみですが、まだまだその認知度は高くないようです。
しかし、顔のたるみが気になりだしてからではなかなかケアは難しいもの。顔のたるみを防ぐ為には、その前兆となる毛穴のたるみに気づいた時から早急にケアを始めることが大事なのです。

まずは毛穴について説明していきましょう。

毛穴は、主に「バリア機能」「デトックス効果」「体温調節」といった人間の身体を正常に保つための大切な役割を果たしています。
例えば、毛穴の皮脂腺から分泌された皮脂は汗腺から分泌される汗と混ざり合い、肌表面に保護膜(皮脂膜)を作ります。いわば“天然の保湿クリーム”です。この“天然の保湿クリーム”が肌の水分蒸発を抑えてうるおいを保つことで、外的刺激(紫外線、排気ガス、花粉、PM2.5など)から私たちの肌を守っているのです。


このように私たちが生活する上で不可欠な毛穴ですが、たるみや黒ずみ、角栓の詰まりなど肌悩みとして挙げられる事も多く、老けた印象を与えてしまう事もあり、毛穴の悩みは大多数の女性が抱えている問題のひとつとも言えるでしょう。

特に顔は最も毛穴が集中する部分で、約20万個もの毛穴が存在すると言われています。また、人間の毛穴の数は、年齢と共に徐々に増える訳ではなく、妊娠6カ月の胎児の頃には、すべての毛包(毛穴)が完成すると言われ、その後、毛穴の数が増えることはありません。

では、なぜ大人になってから毛穴が目立つように感じるのでしょうか?

「若い頃は気にならなかったのに、
30代に入ってから毛穴が増えた(目立つ)気がする…。」

その理由は大人になり毛穴の数が増えたからではなく、肌の水分量が大きく関わっています。
水分を含んだ肌はふっくらしてキメが整っているため毛穴が目立ちません。しかし、加齢によって水分を保つ力が弱まることで水分不足に陥ると、肌はハリを失い、キメが乱れ、毛穴が広がっていきます。
また、肌の奥深くの真皮では、肌の弾力を司るコラーゲンやエラスチンの産生量が加齢や紫外線、ストレスによって減少し、肌を支える力が弱まってしまいます。すると、毛穴も重力に負けて縦長に広がることで際立ってしまうのです。


このように年齢を重ねると、肌の水分不足や肌を支える力自体が弱くなるため、大人になるほど毛穴悩みがどんどん深刻化してしまうのです。
だからこそ、日々の保湿ケアが大人の毛穴目立ちを防ぐカギとなります。肌表面だけでなく、肌の奥まで必要なうるおいと美容成分を届けることが毛穴レスな肌に近づく第一歩です。

さて、毛穴の悩みは大きく3つのタイプに分けられます。
あなたは一体どの毛穴タイプに当てはまりますか?

まず、右の写真は「毛穴の目立たない状態」の肌です。肌の水分量も多く、キメも細かく整っていて、自然な透明感が感じられますね。

ポッカリ毛穴
  • 過剰に分泌された皮脂によって毛穴が押し広げられた状態。
  • 保湿不足により、乾燥やキメの乱れが目立つ。
  • 肌がテカりやすい人、化粧崩れしやすい人に多く見受けられる。
  • 毛穴が丸く開いている。
ブツブツ毛穴
  • 過剰に分泌された皮脂と、古い角質や落としきれなかったメイク汚れなどが毛穴に詰まり、酸化して黒ずんでしまっている状態。
  • 肌表面に凹凸があり、触るとザラザラしている。
  • 皮脂分泌の盛んな鼻やTゾーンに多く存在。
たるみ毛穴
  • 肌が弾力やハリを失う事により重力に耐えきれず、毛穴が縦長に広がってしまっている状態。
  • 30代以上によく見受けられ、特に頬の毛穴の開きが目立つ。
  • こめかみ、髪の毛を上に引っ張ると毛穴が消える(目立たなくなる)。
  • 楕円型や涙型をしているのが特徴。

続いては、これらの毛穴悩みに最適な美容成分「ビタミンC」をご紹介いたします。

優秀な美肌成分として知られるビタミンC。ビタミンCは別名「アスコルビン酸」と呼ばれるビタミンの1種です。美容のためだけでなく、体の免疫力を高める効果もあるため健康を気遣い、サプリメント等でも摂り入れている方は多いですよね。

一般的にビタミンCはシミ・くすみ対策の化粧品に配合されていますが、これはシミの元となるメラニン色素を還元する作用やメラニン自体の生成を抑制する作用があるからです。
また、紫外線を多量に受けると活性酸素が発生し、ニキビなどの肌の炎症が起きますが、ビタミンCには活性酸素を除去して炎症を抑える効果もあります。そのため、シミ・くすみ、赤みのない透明感のある肌には大事な成分です。
さらに、毛穴の詰まりの原因となる過剰な皮脂を抑制し、ハリの源となるコラーゲンの生成を促進、毛穴の引き締め効果も抜群である事から、ビタミンCは毛穴ケアに最適な美容成分と言えます。

~ビタミンCを壊す原因って?~

たばこや飲酒のほか、ストレスにさらされると体内に活性酸素が生まれ、ビタミンCを激しく消費してしまいます。ビタミンCは残念ながら、人間の体内で生成する事ができないため、普段の食事やサプリメントから補う必要があります。 コラーゲン生成を促進するビタミンCが失われると、シワやたるみの原因になります。喫煙・飲酒習慣がある方は積極的にビタミンCを取り入れた生活習慣を心がけると良いでしょう。

ビタミンCといっても種類は様々です。
まず、スピーディに肌表面で効果を発揮する反面、浸透しにくく、高濃度になると刺激がある“水溶性ビタミンC”、逆に浸透に時間はかかるが、効果の持続性が水溶性ビタミンCより長く、刺激も少ない“油溶性ビタミンC”に大きく分かれます。

そして今回、顔のたるみ研究所がおすすめするのが、即効性・浸透力・肌へのやさしさを全て叶えたビタミンCの理想形とも言える「浸透型ビタミンC“APPS”」です。

「浸透型ビタミンC“APPS”」は、従来のビタミンC誘導体の100倍の浸透力があると言われており、肌なじみがよいだけでなく、効果も長時間持続します。
そのため、コラーゲン合成力が従来のビタミンC誘導体よりも優れており、多くの女性が肌悩みとして挙げるシワや毛穴の開き軽減へのアプローチにも効果大。さらにハリ・弾力のある肌に導きます。

たるみ毛穴の要因である肌のたるみは真皮で発生します。若い頃は、肌のハリ・弾力を司るコラーゲンやエラスチンなどが真皮で生成され、肌のハリを保っていますが、加齢や紫外線、ストレスなどによりそのパワーは衰えてしまいます。
つまり、顔のたるみを防ぐには肌の奥(真皮)まで美容成分を届けなければなりません。
その点から、肌の奥までたっぷりと届かせることが可能な浸透型ビタミンC“APPS”は、シワやたるみに非常に有効的です。さらにそれだけでなく、ニキビ跡のケア・シミ、くすみの改善にも効果を発揮します。

圧倒的浸透力で肌の奥までたっぷり浸透!
効果:ハリ・弾力アップ、キメ改善、乾燥改善

水溶性ビタミンC誘導体は肌の表面、油溶性ビタミンC誘導体は角層の奥までしか届きませんが、両方の性質を持ち合わせた浸透型ビタミンC“APPS”なら、効かせたい肌の奥(真皮)までたっぷり浸透します。

皮膚モデルにビタミンC誘導体の溶液を浸透させたグラフです。時間の経過と共にAPPSを添加した方がビタミンCをグングン浸透させていることが分かります。

高い抗酸化力を発揮!
効果:くすみ改善、透明感アップ、ニキビ予防、ニキビ改善

老化現象の多くは、ストレスや紫外線などで増加する“活性酸素”が原因。この活性酸素が体内で過剰に増えると細胞をサビつかせ、細胞老化を加速させてしまいます。ビタミンCにはこの活性酸素を抑える抗酸化作用があります。

大気下で培養した皮膚モデルにAPPSを加えると、老化の原因となる活性酸素(写真の緑色部分)が大幅に減少!また、添加するAPPSの濃度が高いほど、その効果は顕著にあわられます。

メラニン生成抑制効果でシミを作らせない!
効果:シミ予防、シミ改善

メラニン生成を抑制するだけでなく、できてしまったメラニンを還元(無色化)する効果と、シミの原因となるチロシナーゼ活性を阻害する効果があります。

シミの元であるメラニンは、チロシナーゼという酵素が活性化することで作られます。
APPSはこのチロシナーゼの働きを阻害する効果が高く、左のAPPSを添加した実験写真でも黒い点状のメラニン生成が抑制されていることが明らかです。

コラーゲンを増やして、ハリ・弾力アップ!
効果:たるみ毛穴予防、毛穴の開き改善、シワ予防、ニキビ跡改善

コラーゲンは人体を構成する全タンパク質の約30%を占める重要な成分で、生成するために不可欠なのがビタミンCです。特に皮膚の真皮は約70%がコラーゲンで出来ているため、ビタミンCを摂ることはたるみケアに最適なのです。年齢とともに減少するコラーゲン生成を高める効果があります。

左のグラフは、ヒト皮膚線維芽細胞の培養液中にビタミンC誘導体を加え、コラーゲン合成量を比較したもの。APPSのコラーゲン合成促進効果はダントツ!

毛穴の目立ちは、肌表面に残った皮脂や汚れが毛穴に詰まるほか、乾燥やエイジングケアによる肌のたるみなどが原因で起こります。
そのため、肌に必要なうるおいを守って洗うような正しい洗顔を行うことがとても重要です。
まずはこれらを意識して、毎日の洗顔から見直すと良いでしょう。

ポイント丁寧なクレンジング&洗顔

毛穴の奥の汚れを取ろうとゴシゴシ洗っていませんか? 毛穴の奥の汚れを取り除くには、毛穴を温めて自然に開かせてから、丁寧にオフする事がポイント!ゴシゴシするのは、ただ肌を傷めつけているようなものなので、すぐにやめましょう。

そして、たっぷりの泡のクッションで洗うこと。しっかりと泡立てて顔にやさしく洗ってくださいね。洗い流しもないように、丁寧にすすぎましょう。

ポイントビタミンC配合の化粧水

余分な皮脂・汚れを洗い流したら、すぐに保湿をする事を心がけましょう。
この時におすすめなのが、高い浸透力を誇る「浸透型ビタミンC“APPS”」配合の化粧水。
適量を塗布した後、毛穴が気になる部分には重ねづけを。さらに集中的にケアしたい時には、コットンに化粧水をたっぷり染み込ませてパックを行えば、キュッと引き締まった毛穴レス肌に。

ポイントたっぷり保湿のあとは必ずフタを

肌の奥までうるおいをしっかり入れ込んだら、オールインワンゲルやクリームでフタをしましょう。 鼻の頭やTゾーンは皮脂の量が多くテカリやすいからと、フタの役割をするスキンケアの量を減らしてしまうと、肌の水分蒸発を防ごうと皮脂が過剰に分泌されるため、更なるテカリの要因となりますのでご注意を!

毎日のお手入れから毛穴のたるみを予防して、たるみのない美肌を保ちましょう♪

■「顔のたるみ」と「ビタミンC」の関係性

■日本エリア別!紫外線対策法を大調査!

COPYRIGHT 1997-2017 顔のたるみ研究所 DR.CI:LABO CO.LTD.ALL RIGHTS RESERVED.