顔のたるみ特集

「抜け毛の秋」 顔のたるみの原因も、実は同じだった!

秋といえば「食欲の秋」「読書の秋」「芸術の秋」などと言われています。秋は食べ物が豊富であることや、適度な気温と湿度により過ごしやすく、物事に集中しやすい時季という理由から、このような言葉が生まれたそうです。
しかし、そんな素敵な季節に「抜け毛の秋」という言葉があることをご存知ですか?年間を通して、この時季は抜け毛に悩む人が多くなります。しかも、その原因が顔のたるみと同じ場合も。
今回ドクターシーラボ『顔のたるみ研究所』では、秋に起こる抜け毛と顔のたるみの関係、そしてその原因と対策について調査をしました。
せっかくの季節。憂鬱な抜け毛やたるみに悩まずに、素敵な秋を過ごしましょう!

(調査概要:ドクターシーラボ「顔のたるみ研究所」WEBアンケート調査/25~59歳女性480名/調査期間:2017年9月28日(木)~29日(金))

今回、20代から50代女性に秋の抜け毛に関するアンケート調査を実施しました。 まず、秋に抜け毛が気になった経験はあるかという問いに対して「ある(49.6%)」と回答した人は、およそ半数。2人に1人は秋に抜け毛を気にした経験があるということが判明しました。

次いで、秋に抜け毛を経験した人へ、同時期に顔のたるみも実感したかについて調査をしました。
その結果、「非常に気になった(29.8%)」「気になった(35.7%)」と答えた人を合わせると、なんと約7割もの人が抜け毛とたるみを同時期に経験!
暑く、体力の消耗が激しかった夏を越えて過ごしやすくなったと思ったときに、抜け毛と顔のたるみを同時に感じる人はとても多いようです。

抜け毛とたるみを同時に経験された人々へ、その両方を引き起こす原因のひとつである、「頭皮のコリ」について聞いてみました。
その結果、頭皮のコリが抜け毛と顔のたるみを引き起こすことを「知っている」と答えた人は約4割。秋に生じる抜け毛と顔のたるみの詳しい原因についてはあまり浸透していないようです。

それでは、頭皮のコリが抜け毛とたるみ両方の原因だということを知っている人に、その対策を講じているかを調査。その結果、原因は分かっているけれども何もしていないという人が約半数を占めました。
この時季の抜け毛とたるみの原因は知っているけれど、秋だからしょうがない、対策なんてめんどくさいと思っている人も多いのではないでしょうか?

秋の抜け毛が気になる約7割の人が経験する、顔のたるみ。
原因である頭皮のコリを、簡単にケアする方法をお伝えします!

「秋になって急に抜け毛が増えたような気がする・・・」とお思いの方も多いのでは?

そもそも日本人の髪の毛は平均約10万本で、健康な人でも1日の抜け毛は約50本。
しかし、秋にはそれが200本と、約4倍にまで増えると言われ、これには様々な要因があるのです。

成長速度の変化
髪の成長速度は、気温が高くなる4月頃から速くなり、7~8月にピークを迎えます。そして9月以降の秋には徐々に遅くなっていきます。
これは新陳代謝が活発になる暑い時季は髪の成長が促進され、寒くなるにつれて代謝が低下するという理由からです。
冬毛への「毛替わり」
私たち人間の生理現象のひとつとして「毛替わり」があるといわれています。
本来動物には、秋になると夏の毛が抜けて新たに寒さをしのぐための冬毛が増えるとされ、人間にもその名残があるそうです。
ホルモンバランスの乱れ
夏に生じた疲れや、夏から秋による気温の変化によって自律神経が乱れることで、ホルモンバランスが崩れた結果、髪の毛周期にも影響を及ぼします。そして抜け毛が増えていくのです。
頭皮のコリ
これは秋に1番注意していただきたい、抜け毛の要因。
「頭皮のコリ」は抜け毛や髪質の低下などの頭髪トラブルだけでなく、顔にまで影響を及ぼしてしまうのです!それは、頭皮と顔の皮膚は1枚でつながっているから。とくに頭皮は顔のなかでもリフトアップ機能に大きく関わっているため、見た目印象を左右する重要な部位。たるみをケアするには、頭皮環境もケアすることが大切です。

夏のダメージは、秋になって表面化。それは肌だけでなく、頭皮にとっても同じです。
理由としては大きく分けて3つ。

紫外線による頭皮の乾燥
実は頭皮は顔の2倍以上の紫外線量を浴びているとも言われます。
顔の皮膚と同様に、頭皮も強力な紫外線を浴びることでうるおいを生みだす層がダメージを受け、頭皮は乾燥してしまうのです。
頭皮の乾燥はフケやかゆみを起こすだけでなく、細胞にまで影響を及ぼします。そして髪の毛そのものがつくられなくなることで薄毛へとつながります。
夏の冷房や食生活による血行不良
の暑さを乗り切るための食生活や、冷房が原因で生じる血行不良も頭皮のコリを生み出します。
それは血液中にある栄養が頭皮にまで行き届かなくなることが原因。その結果、秋にまでその症状を引きずり髪の毛や頭皮のサイクルを乱し、抜け毛へと導いてしまう
のです。
肩こり
秋は一日の気温差が激しく身体にストレスを与えます。そして筋肉に負担をかけ、固くなった筋肉が血管や末梢神経を圧迫し、血流を悪くすることで肩こりが生じます。
さらに近年ではパソコンやスマートフォンなどによる目の酷使も顕著。目周りの疲労が首を通じて肩まで及ぶと、肩の筋肉と神経が緊張し、頭皮のコリにつながる肩こりと血行不良を招くのです。

コリのない健康な状態の頭皮は、柔らかくて程良く弾力がある状態。 頭皮のコリをチェックする方法はいくつかありますが、代表的なものをご紹介します。

①両手の指先を立てて、卵1個分が入るスペースを作り、指先で頭皮を押さえます。 ②前後・左右に指先を動かしてみましょう。

ここで、指で動かしても全く動かない場合は、頭皮がコリ固まっている可能性があります!
すぐにでも洗髪方法や生活習慣などを見直しましょう!

頭皮環境のケアで1番簡単なのは、洗髪方法を見直すこと。
頭皮は身体の中でも皮脂腺が特に発達している部位のため、多くの皮脂を分泌しています。それに加えてほこりや整髪剤などの汚れがたくさん付着しやすく、汚れを落とし切らないと、頭皮環境に大きな影響を及ぼします。

1
ブラッシング
洗髪前のブラッシング。
このひと手間を加えることで、シャンプー時に皮脂やフケなどの汚れが浮きやすくなり、汚れがさらに落ちるようになります。
2
地肌を十分に濡らす
洗髪の適温は38〜40度。シャンプーをつける前に2〜3分程度、地肌を揉みほぐしながら頭皮を濡らしましょう。これによって頭皮汚れが8割ほど落ちると言われています。
3
泡立てたシャンプーで頭皮を洗う
しっかりと泡立てたシャンプーを地肌に乗せ、頭皮を傷つけないように指の腹でマッサージするように洗髪します。
このときにシャンプーを泡立てず、頭皮に原液を付けると洗い残しが発生しやすくなり、結果的に地肌への刺激に繋がります。さらにシャンプーは本来地肌ケアをするもの。泡立てたシャンプーで髪だけでなく、頭皮を念入りに洗いましょう。
4
十分なすすぎ
洗い残しは地肌へのダメージ、そして抜け毛の原因となります。頭皮と髪の毛についたシャンプーをしっかりとすすぐために3分程度の洗い流しがおすすめです。

滞った血液の流れを促進するには、マッサージが有効。血行促進をすることで、頭皮のすみずみに栄養分を運ぶことができるようになり、抜け毛予防に大変おすすめです。
マッサージは血行が良くなっている入浴中や、血流を促すことのできる炭酸タイプの育毛剤を付けて行うとさらに効果がアップします。

(1)額の上から後頭部まで指圧

額と生え際の境目から頭頂部へ、頭頂部から首と頭の境目に向けて、両手の指の腹で3秒間指圧していきます。この時、少し痛気持ちいい程度の力で押してください。 頭全体を満遍なく指圧しながら、もみほぐすことで硬くなった筋肉を和らげます。

(2)耳の裏側を指圧

耳の裏側部分を指の腹で少し痛気持ちいい程度に指圧しながら上下にこすります。最後に耳の上の側頭部へ斜めに引き上げてください。

洗髪後は乾燥しやすいため、頭皮用ローションなどのケアアイテムでしっかりと保湿することがおすすめです。その際、血行促進効果だけでなく保湿効果の高いコラーゲンやエラスチン配合の育毛剤を使うとより効果的です。

マッサージや頭皮用ケアアイテムに加え、生活習慣の見直しも重要です。
睡眠不足やストレス過多になると交感神経が活発になり、血管が収縮します。その結果、血行不良を引き起こし、コリの原因に。
そのためには、上質な睡眠とストレスを溜めないことが大切。出来る限り睡眠時間を確保する、好きなことをしてリラックスする、運動する機会を増やすなど、頭皮の緊張を和らげてたるみを予防しましょう!
またパソコンやスマートフォンの過度な使用はできる限り控え、長時間使用した後は肩回しなどの簡単なストレッチを取り入れて、頭皮のコリを招く肩こりを遠ざけましょう。

■ 紫外線が「たるみ」に!日焼止めは顔だけではなく○○も!

■意外な盲点・・・顔のたるみは”頭皮”から

COPYRIGHT 1997-2017 顔のたるみ研究所 DR.CI:LABO CO.LTD.ALL RIGHTS RESERVED.