顔のたるみ特集

それは知らなかった!身近な○○がたるみ改善に効果的な理由

冬に近づくにつれ、1日の気温差が激しくなり湿度も低下し始めるこの頃は、風邪をひきやすいなど身体がつらい時季ですが、肌も乾燥などの悩みが増えます。

「身体の不調」と「肌悩み」はそれぞれの予防法やケアが必要だと考えていませんか?実は、「身体」も「肌」もいっぺんにケアできる成分があるんです。それは、「ビタミンC」。ビタミンCは免疫力を高める効果などはもちろん、美肌を保つために欠かせない栄養素のひとつです。
今回は、皮膚科領域の先端医療や最新の成分に精通した美のエキスパートであるシロノクリニック総院長・城野医師に行った「ビタミンCについて」のインタビューをもとに、ビタミンCを活用したたるみケア方法についてお伝えします。

(調査概要:ドクターシーラボ「顔のたるみ研究所」WEBアンケート調査/20~59歳女性 434名/調査期間:2017年11月22日(水)~ 23日(木))

まず、この時季に体調を崩したり肌トラブルが気になることがあるかを調査したところなんと約8割の人が「非常に気になる」、「気になる」と回答しました。
朝晩の気温差が激しく、湿度も低下し始める今の時季には多くの人が体調を崩しやすく、肌トラブルを感じているということがわかりました。

次に、Q1で肌トラブルが気になると回答した人に、その肌トラブルのひとつとして「顔のたるみ」が気になるか聞いたところ、6割以上の人が「非常に気になる」、「気になる」と回答。身体や肌の調子が悪くなりやすい今、顔のたるみに悩んでいる人が多いようです。

美肌をつくる栄養素として名高いビタミンC。シミのもとになるメラニンの生成を抑制したり、くすみを改善したりなど多くの美容効果が期待できる成分です。
美白などの効果が有名な一方で、顔のたるみ改善や健康増進にも効果的であることを4割もの人は知らないという結果に。ビタミンCの顔のたるみに対する効果はあまり知られていないようです。

一方、Q3でビタミンCが健康増進や顔のたるみ改善に効果的であることを「知っている」と回答した人に、日頃どのように取り入れているのかを調査したところ、「食材」や「サプリメント」など、手軽に取り入れられるものが上位にランクイン。一方、クリニックなどの医療機関で行う「ビタミンC点滴」は圧倒的に少なく、ビタミンCの摂取方法としてあまり身近でないことが分かりました。また、驚くべきことに、ビタミンCの効果を知りながら「取り入れていない」という人も約2割いるという結果に。

また、せっかく取り入れたビタミンCの約半分は体外へ流れてしまうことを知っているかといいう問いに関しては、2人に1人が「知らない」と回答しました。
取り入れたビタミンCは全身の細胞や臓器に行き渡ったあと、余分は尿などで排出されてしまいます。さらに、人は体内でビタミンCを作り出すことや留めておくことが出来ないため、常に摂取する必要があるのです。

有能成分ビタミンCを効果的に摂取して
冬に向けて身体と肌の調子を改善しましょう!

最近、街を歩いているとマスク姿の人をよく見かけます。1日の気温差が激しく、気温と湿度が低下する今の時季は体調を崩しやすく、肌荒れしやすい季節です。
気温と湿度が低下すると、空気が乾燥します。乾燥した空気中にはウイルスが蔓延しやすいため、この時季は特に体調を崩しやすいのです。

また、外の気温が低下し、湿度が30%以下になると角層から水分が蒸散して乾燥するため、肌は過酷なうるおい不足に。
寒くなると使用する暖房器具も、使用時に60%以上の湿度を保つ工夫をしなければ乾燥の原因になります。
乾燥は、すべての肌トラブルのもと。肌が乾燥するとバリア機能が正常に働かず、キメが乱れ、肌あれの原因になるのです。

そんな今の時季の気温と湿度の低下が引き起こす体調不良や肌の不調を、ある成分が救ってくれます。それは、皆さんもよくご存知の、「ビタミンC」。

ビタミンCは、美白効果や骨を丈夫にする効果など、様々なうれしい作用のある優秀な成分です。

それではまず、身体と肌に対してそれぞれどのような効果があるのかをお伝えします。

ビタミンCの身体に作用する効果効能

免疫力を
高める
ビタミンCには免疫力を高める効果があります。私たちの体内では、身体にウイルスが侵入すると、インターフェロンという物質が対抗してくれます。この物質の生成に欠かせないのがビタミンCなのです。

疲労回復
ビタミンCには、赤血球の生産をサポートし血流の滞りを予防してくれる働きも。血流が滞ると倦怠感や集中力の低下などが起こりますが、血流悪化を予防してくれることで疲労回復にも効果的だとされています。
ビタミンCのに作用する効果効能

メラニンの
生成を抑制
言わずと知れたビタミンCの「シミ予防」「美白」効果。シミのもとになるメラニンの生成を抑制するほか、できてしまったシミを還元して無色化するという特徴があります。

活性酸素の
除去(抗酸化)
身体が酸化すると細胞の機能が衰え、老化を進めてしまいます。ビタミンCは、美肌を保つうえで大敵である活性酸素を除去し、アンチエイジング効果も期待できます。

コラーゲン
生成
肌のハリや弾力を司るコラーゲン。コラーゲンが不足すると、肌のうるおいだけでなくハリまで失われ、たるみの原因になります。ビタミンCは、肌にハリを与えるコラーゲンを生成する働きがあるため、たるみ予防にも働きかけることができるのです。

しかし、このようにいいこと尽くしの万能成分「ビタミンC」ですが、積極的に健康・美肌を目指すための1日の摂取量目安1000mgを摂ったとしても、その半分以上は身体の外に排出されてしまいます。
さらに、熱に弱く安定しづらいという面から、ビタミンCを豊富に含んでいる食材を意識的に食べていても、調理法によっては上手に摂取できていないということも。

それでは、ビタミンCを効果的に摂取するためには、どのようにしたら良いのでしょうか?

赤ピーマンや黄ピーマンは、100gあたりにビタミンCがそれぞれ170mg、150mg含まれており、レモン(100mg)と比べても高く非常に良い栄養源。また、ビタミンPも含まれているため、加熱してもビタミンCが壊れません。積極的に取り入れましょう。
また、冬の代表的な野菜であるブロッコリーやカリフラワー、小松菜などもビタミンCを多く含んでいますが、茹ですぎると壊れたり、流れ出てしまうため、蒸し野菜がおすすめです。

先端の治療法として注目されているビタミンC点滴。アンケート調査ではまだ取り入れている人は少ないようです。高濃度のビタミンCを血管に直接注入するため、効率的に身体の細胞に届けることができます。内側から活力が湧き、免疫力アップ、美肌などの効果がより高く期待できます。

→ シロノクリニック「ビタミンC点滴」について

手軽にビタミンCを摂取するためにサプリメントを利用している人はアンケートでも多くいましたが、通常のサプリメントでは吸収されにくく、ほとんどが尿となって身体の外に排出されてしまいます。そこでおすすめなのが最新ビタミンCサプリメント「リポソームビタミンC」です。

リポソームとは、私たちの細胞を包む細胞膜と同じ構造を持つリン脂質のカプセルでビタミンCを保護すること。
もともと身体にある細胞膜と類似しているため、吸収率が非常に高く、通常のビタミンCであれば半分以上流れてしまうところを、リポソーム化したビタミンCは体内に長くとどめることができ、吸収率100%を目指すことができます。

また、身体の内からの合わせ技として、外からのスキンケアにも通常のビタミンCと比べ100倍の浸透力があるとされる高浸透型ビタミンC誘導体(APPS)が配合されたスキンケアアイテムを使用することがおすすめ。内側からリポソーム化したビタミンCサプリメント、外側からAPPS配合スキンケアとでサンドイッチケアをすることで、効果も倍増!是非、お試しください。

■ あなたのその毛穴、見られてるかも!?たるみ毛穴にビタミンCが効く!!ビタミンCの理想形“APPS”でふっくらツヤ肌に

■ 「顔のたるみ」と「ビタミンC」の関係性

COPYRIGHT 1997-2017 顔のたるみ研究所 DR.CI:LABO CO.LTD.ALL RIGHTS RESERVED.