顔のたるみ特集

「冷え」の影響は顔に出る!? 3つの冷えタイプを検証

hie01.jpg昨年に引き続き、今年の夏もオフィスやご自宅等での節電環境の中で生活していた方がほとんどかと思われますが、最近、その節電の反動で冷え性になる人が増えています。

冷房を控える代わりに冷たい飲み物や食べ物を摂り過ぎたり、首元などのリンパ箇所を部分的に冷やしたり等、各自の工夫した暑さ対策が注目を集める裏で、体の芯は着々と秋に芽吹く「冷え」を蓄積していたのでした。

今回はそんな「冷え」にフォーカスし、 段々気温の下がってくるこの季節に改めて、 体をあたたかくするHOW TOを特集します!


《 もくじ 》

Ⅰ 節電の夏。こんなことしてませんでしたか?:夏の「冷え」チェック

Ⅱ 一番顔をたるませる「冷え」は?

・ 冷えと顔のたるみの深い関係
・ あなたの「冷え」は何タイプ?
■ 「夏バテ冷え」タイプ
■ 「冷房疲れ」タイプ
■ 「内臓冷え」タイプ

Ⅲ 冷えタイプ別、あたためポイント

Column:O脚は冷えを招く?

Ⅳ 「冷え」に打ち勝つ秋冬食材を使ったあったかレシピ

Ⅰ 節電の夏。こんなことしませんでしたか? 


節電が主流となった昨今。

オフィスで、ご家庭で、個人で、「涼」への工夫がテレビや雑誌などで取り上げられ、体をいかに冷やすかに注目が集まった夏。そんな夏ももう終わりに近付き、そろりと秋の静かな足音が聞こえてきました。

ドクターシーラボ『顔のたるみ研究所』では、この夏の間、体に溜まった「冷え」に注目。
体への影響や、秋口に現れる「冷え」の兆候や解消法について調査いたしました。

夏の暑さも過ぎ去りつつある今日この頃、どのように過ごしていたか当てはまるものをチェックしてみましょう。

夏の「冷え」度をチェック!


hie02.jpg

いくつ当てはまりましたか?

当てはまる数が多い方ほど夏の「冷え」の影響が秋に出てくる可能性があります。
これから秋に入るまでの短期間のケアで、気温が下がってくるこの季節の体調や肌の調子が左右されます
ので、当てはまる数が多かった方はもちろん、ひとつでも当てはまった方は、この夏の「冷え」に対して正しいケアをしていただきたいと思います。

Ⅱ 一番顔をたるませる「冷え」は? 


意外と知られていないのが、「冷え」が顔や肌へ影響を及ぼすということ

現代では若いうちからアーリーアンチエイジングに取り組むなど、多くの女性がたるみケアを重視しています。実際に、冷えと「顔のたるみ」には深い繋がりがあり、秋本番が訪れる前の今のうちにケアしなければ、「秋のたるみ顔」が完成してしまいます。

肌は体の健康状態を映す鏡とも言われますが、肌は肉体的にはもちろん、精神的な状況も反映しているので、外部からのケアだけでは改善できません。そして、肌は体のいちばん外側にあるため冷えやすく、血行が悪くなると本来行き届くはずである栄養素が肌に運ばれなくなります。そうなると、肌の栄養状態は悪くなり、ターンオーバーがどんどん遅れてしまい、顔のくすみやシミに影響を与えるばかりか、筋肉などが衰えてしまい、顔のたるみに繋がるのです。

顔のたるみは、加齢による肌弾力の低下・筋肉の質の低下・皮下脂肪の肥大化によって引き起こされるといわれています。その3大要因を大きく揺さぶる今回の夏の「冷え」に関わっているのは以前の特集でも触れたことのある「生活習慣要因」。前項のチェック数が多かった方は見に覚えのある症状がすでに出始めているかもしれません。

あなたはどのタイプ?冷え性タイプチェック


知っているようで知らない「冷え」の症状。前項の夏の行動チェックで多くの項目に当てはまった方で、下記の症状が出てきている方は要注意です。では、主な症状をチェック!

hie03.jpg

それでは、一番多くチェックがついたグループの解説を見ていきましょう。

hie04.jpg

hie05.jpg hie06.jpg

同じように見える「冷え」も、症状で対処法が変わってきます。「内臓冷え」などは、体の外側をあたためることよりも、内側をあたためることが冷え解消の大きなカギとなるように、より適切な解消法を取ることにより、より効率的に体を温めることができます。それでは、各タイプの冷え解消法を見てみましょう。

Ⅲ 冷えタイプ別、あたためポイント

hie07.jpg

hie08.jpg

hie09.jpg

あたため方も色々ありましたが、基本的に、筋肉の収縮には血流を補助する働きがありますので、全ての冷え性に悩む方々にオススメしたいのが日常生活で筋力トレーニングを習慣にすることです。また、体を芯から温めることを意識した食べ物や飲み物のチョイスができるように普段から意識しておくのも良いでしょう。

hie10.jpg

Ⅳ 冷えに打ち勝つ「秋冬食材」と即効あったかレシピ

食べ物には、体を温めるもの、冷やすものがありますが、一般的には寒い時期に収穫されたものは体を温め、暑い時期に収穫されたものは体を冷やすと言われています。

人間がこのように季節に収穫された旬のものを食べる=自然環境に適応するときに初めて生きることをまっとうできる、という意味の言葉で「身土不二」といいます。私たちの体の温度調節は、自然に寄り添うことで理想的な形になるのかもしれません。

そこで、秋~冬にぴったりの「身土不二」メニューをご紹介いたします!

hie11.jpg

体を温めると、冷え性対策になるばかりか、免疫力も上がって風邪も引きにくくなります。また、基礎代謝も上がるので太りにくくなり、さらに新陳代謝も良くなるのでいい事ずくめです。
これから本格的に寒くなる季節を目前に、体を温めることを習慣化しておくことをオススメします!
check ■リンパを流して顔のたるみを撃退!

■約9割が知らなかった・・・「むくみ」が顔のたるみを引き起こす!

COPYRIGHT 1997-2019 顔のたるみ研究所 DR.CI:LABO CO.LTD.ALL RIGHTS RESERVED.