いつもの毛穴ケアではダメ!“たるみ毛穴”改善 虎の巻

1.その毛穴のひらき、“たるみ毛穴”かも!

毛穴トラブルは皮脂分泌だけが原因じゃない!毛穴トラブルの種類と原因

なぜ女性は毛穴を気にする方が多いのでしょうか?実は、顔はもっとも毛穴が集中する部分で、約20万個もの毛穴があるとされています。そのため、毛穴が開いたり、黒ずんだりするだけで全体的に老けた印象になってしまうこともあるのです。
こうした毛穴トラブルにはいくつか種類があります。

種類 トラブル状態と主な原因
たるみ毛穴 加齢や水分不足による肌のたるみが原因で、毛穴が縦長に伸びた状態。 肌のたるみが原因
皮脂づまり毛穴 毛穴に皮脂や汚れなど余分なものが混ざり、角栓として詰まってしまった状態。Tゾーンや顎に多く、詰まった汚れが盛り上がって見えるのが特徴。 皮脂の過剰分泌が原因
黒ずみ毛穴 「皮脂詰まり毛穴」が紫外線などの酸化で毛穴が黒ずんでいる状態。黒ずみ毛穴は特に小鼻に出来やすいのが特徴。
くすみ毛穴 毛穴の皮脂の酸化や、刺激などの原因により毛穴自体が色素沈着してしまった状態。
凹凸毛穴 ニキビが繰り返しできた跡などの、穴が開いて凹凸になってしまった状態。

“たるみ毛穴”はなぜ出来てしまうの?

このように、毛穴トラブルの中でも“たるみ毛穴”だけは主要な原因が他と異なっています。そのため、皮脂の過剰分泌を意識したケアを行っているだけでは
“たるみ毛穴”は改善されません。30代以降、肌のたるみが気になり始める頃に目立ってくる“たるみ毛穴”。それはどのように発生するのでしょうか?

年齢を重ねると肌の弾力が低下し、皮膚がたるむことで毛穴周辺が陥没し、すり鉢状にくぼみ、大きく広がって見えます。さらに重力により毛穴が下に流れることで発生する楕円形や涙型の毛穴のことを「たるみ毛穴」と言います。肌のハリや弾力の元となるコラーゲンやエラスチンの合成力が衰え、毛穴を土台から支える力が低下することが主な原因となります。

“たるみ毛穴”チェック! 頬などに縦長で楕円形の毛穴が目立つ  肌を上に引き上げると、毛穴が見えにくくなる 髪を束ねたり、こめかみを斜め上に引っ張ると顔が若々しく見える

“たるみ毛穴”は「楕円形」や「涙形」をしているのが特徴!

2.アンケート調査結果:女性が優先するのは“たるみ”と“毛穴”どっち??

“顔のたるみ”が気になる女性の90%が毛穴を気にしている!

次に、アンケート調査結果で女性の“たるみ毛穴”の現状を見ていきましょう!

顔のたるみが気になる女性は全体の82%、毛穴が気になる女性は84%という結果に。さらに、「たるみが気になる女性の90%は毛穴が気になっている」ことが分かりました!“たるみ”と“毛穴”両方気になる女性の毛穴は“たるみ毛穴”である可能性が高いと思われます。
(調査概要:インターネット調査20代~50代女性480名)

Q1 顔の“たるみ”が気になりますか?Q2 顔の“毛穴”が気になりますか?Q3 【顔のたるみが気になる女性】顔の“毛穴”が気になりますか?

多くの女性が実行している毛穴ケアは「角質ケア」「ピーリング」系。一方で、その効果は・・・?

「毛穴が気になる」と回答した女性に毛穴ケア方法を質問したところ、「クレンジング・ウォッシングを丁寧にする」「角質ケアを行う」「貼ってはがすタイプのパックをする」等のいわゆる「毛穴の汚れを取る」系のケア方法が多く挙がりました。また「特に何もしていない」と回答した女性もおよそ3人に1人に。

一方でその効果に関しては、61%が「効果が出ていない」、33%が「わからない」と回答しました。このことから、現在のケアの効果が実感できていない方や、毛穴が気になるけれど何もケアできていない女性が多いことが予想されます。もしかすると、角質ケアなどで改善の効果が出ていない毛穴は“たるみ毛穴”かもしれません。

どのような毛穴ケアを行っていますか?(複数回答可)毛穴ケアを行った効果は出ていますか?

“たるみ”より“毛穴”を優先してケアする傾向が!

“たるみ”と“毛穴”両方気になっている女性に対して「たるみと毛穴、どちらかと言えば、どちらを優先してケアしていますか?」という質問をしたところ全体の45%が「毛穴」、36%が「たるみ」と回答し、わずかながら「毛穴」を優先してケアをしている女性が多いことが分かりました。

以上、たるみと毛穴について実態調査を行いましたが、いったい“たるみ毛穴”はどのようにして改善できるのでしょうか?その方法を次項よりご紹介します!

たるみと毛穴、どちらかといえばどちらを優先してケアしていますか?

3.たるみ毛穴改善 虎の巻

“たるみ毛穴”を改善するには?皮膚科医で『顔のたるみ研究所』監修でもある城野先生に伺いました。

“たるみ毛穴”改善の基本は毎日のスキンケアです。そこで外せないのが、何と言っても「ビタミンC」
ビタミンCは、よく知られている美白効果だけでなく、抗酸化作用を持ち、更に肌のハリや弾力に関わるコラーゲン合成と密接な関係にあります。要するに、たるみと毛穴両方ケアできる“万能成分”なのです!

その中でも私が最も注目しているのが「APPS(エーピーピーエス)」です。あまり聞きなれない成分かもしれませんが、APPSは、あの“万能ビタミンC”のなんと100倍とも言われる浸透力により、肌の奥深くまで素早く美肌成分を届け、さらに持続させる働きを持つ“スーパー成分”なのです。

“たるみ毛穴”が発生している肌は、弾力の低下によって陥没し、すり鉢状にくぼんでしまっています。APPSは脅威の浸透力と、優れたコラーゲン合成力とコラーゲン分解酵素の抑制効果で、すり鉢状にくぼんだ肌を構造的に押し上げ、“たるみ毛穴”を改善に導きます。

加えて、医療分野でも広く採用され、新しい細胞の再生を促進し、肌の弾力性と保湿力に働きかける「EGF」や、優れた抗酸化力を持ち、たるみと関わりのある糖化も改善に導く「フラーレン」なども、“たるみ毛穴”に効果的な成分としておススメします。

こうした成分が配合されているスキンケア化粧品を毎日継続して使いましょう!
それが“たるみ毛穴”改善の第一歩です。

シロノクリニック 総院長 兼 顔のたるみ研究所総監修 城野 親徳 先生

たるみ毛穴改善に効果的な成分

  • 「ビタミンC」・・・毛穴周辺の角質層を整えるなどの効果が期待される。
  • 「APPS」・・・ビタミンC誘導体(アスコルビン酸)の100倍とも言われる優れた浸透力で、肌の奥深くまで素早く美肌成分を届ける。
  • 「EGF」・・・新しい細胞の再生を促進し、肌の弾力性と保湿力に働きかける。
  • 「フラーレン」・・・優れた抗酸化力で肌に活力を与える。

※パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na

また、“たるみ毛穴”の原因は「たるみ」なので、スキンケアと併せて、質のよい睡眠や、バランスのとれた食事をとるといった基本的な日常生活をきちんと送ることがたるみ改善の土台となります。

たるみ改善のために「表情筋のトレーニング」も効果的だと思います。たるみの原因は、肌のコラーゲンやエラスチンの減少による「肌弾力の低下」、「表情筋の衰え」、そして「皮下脂肪の増加や蓄積」といったように、大きく分けて3つあると言われています。顔の表情筋は手足の筋肉とは違い、骨ではなく直接皮膚についているので、年齢を重ねるにつれて、筋肉の上にある皮膚や皮下脂肪を支えきれなくなり、たるみの原因に。 そのため、表情筋を意識して動かすことで、特に頬部分のたるみ毛穴も改善する可能性があります。

たるみ毛穴改善のために・・・

基本的な生活習慣を見直し、肌ケアをきちんと行う

詳しくはこちら

基本的な生活習慣を見直し、肌ケアをきちんと行う

表情筋トレーニングを行う

詳しくはこちら

以上のことをトータルで行っていただくと“毛穴たるみ”は改善します。まずは実行してみましょう!

こちらは補足ですが、さらに驚異的にたるみにアプローチし“毛穴たるみ”改善に導くものとして、美容医療の「サーマクール」という方法もあります。肌の奥深くに刺激を与えて、真皮内の衰えたコラーゲンを破壊し、再構築させて皮膚を引き締める方法ですね。 皮膚表面にダメージを与えずに、奥深くに直接、確実に働きかけることができます。

★「サーマクール」の詳細はこちら

シロノクリニック「サーマクール」

COPYRIGHT 1997-2017 顔のたるみ研究所 DR.CI:LABO CO.LTD.ALL RIGHTS RESERVED.